赤い橋の向こうに別世界が広がる。/四万温泉

05

 

 

【群馬県:四万温泉/積善館】

 

「世のちり洗う四万温泉」。

上毛カルタではそう詠まれ、関東近郊の人にはかなり知られているが、

知名度という点では今ひとつの温泉地が、四万(しま)温泉である。

 

四万川沿いに広がる温泉街は5つの地区に分かれているが、

奥へ行けばいくほど、温泉街らしい情緒が漂ってくる。

とくに「新湯地区」は、私が好きなエリアで、このような昔ながらの

温泉街らしい風情をもった一角がある。とはいっても、ほんの数十メートルぐらいだが。

 

01

 

 

うち1軒に入り、スマートボールをやってみた。

キラキラと光る青いボールを弾いていると、童心に帰ったような心地になってくる。

 

そのまま温泉街を奥へしばらく歩いていくと、日向見地区へ入る。

四万温泉発祥の地といわれるエリアだ。

 

永延3年(989)頃に源頼光の家臣・碓氷貞光が立ち寄った際、

夢から覚めた早朝に発見したとされる湯の沸く共同浴場『御夢想之湯』がある。

数年前までは非常に古びたぼろい建物だったのだが、今はきれいに建て替えられている。

 

02

 

 

『御夢想之湯』の隣に建つ小さな堂が、国の重要文化財【日向見薬師堂】だ。

この堂は、慶長3年(1598)に伊勢国山田の住人・鹿目家貞によって建立された。

棟札には、当地の支配者だった「沼田城主・真田信幸(信之)の武運長久を祈願しての事」と記されている。

信之は、かの有名な真田幸村の兄である。

 

真田氏は、戦乱によって荒れ果てた四万温泉の復興に尽力したが、

とくに信之の父・昌幸は土地の人々の嘆願を聞き入れ、

道路や橋梁を修復して交通の便を図り、宿と湯守まで配置した。

四万温泉が実質的に湯治場として機能し始めたのは、真田昌幸の時代といえそうだ。

それより少し前の時代になるが、関東管領の上杉憲政が、四万温泉に入湯した記録もある。

 

03

 

 

すぐ近くにある食堂で、遅めの昼飯。

いたって飾り気のないカツ丼だが、素朴な味がしてなんだか妙に旨かった。

 

 

04

 

「新湯地区」に戻り、今宵の宿泊先である「積善館」へ。

いまから300年ちょっと前、元禄4年(1691年)、旅籠として開業した

温泉街屈指の老舗旅館で、本館の建物は現存日本最古を誇る。

 

赤い橋の向こうに建つ、ふるびた温泉宿。

この光景、どこかで見たことがあるような・・・

行ったことがなくても、何か郷愁を感じさせる佇まいは、歴史の重み故か。

 

実はこの橋は慶雲橋といい、映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったという。

映画に出てくる湯屋「油屋」には複数のモデルが存在し、特定のモデルはないらしいが、

そう聞いて橋を渡ると、どこか別世界にでも入ってしまうのではないかと思ってしまう。

 

06

 

 

「積善館」の入口。明治30年頃に書院風の座敷をもつ3階が増築された程度で、

ほぼ、建てた当時の規模のまま現在に至って いることで、県の重要文化財になっている。

 

建築当初は1階部分を家族が使用し、2階を湯宿として湯治客に貸していたため、

かつては湯治客が玄関を通らずに、外から直接2階に上がっていたそうだ。

 

07

 

 

川の上に通されている渡り廊下。

いたるところ、惚れ惚れするような建物だ。

 

宿泊代が安い(1泊2食5350円)代わりに、夕食はとても質素だ。

質素な食を好む私にとっても、質素に思える内容である。

 

08

 

 

でもまあ、料金をプラスすればもっと良いものが食べられるし、

食い足りない、呑み足りない分は近くの雑貨屋で買ってきたものを

部屋で飲み食いすればいい話だから不満はない。

 

なによりも、基本的にこの宿は、必要以上のサービスを行わないことを旨としているらしい。

かといって無愛想では困るけれども、最低限のことはやってくれるから、

泊まるほうとしては、気が楽でいい。

 

なお、本館(湯治棟)はご覧のように安くて質素な宿泊内容だが、

別館は少し豪華な造りで、一般的な宿泊料金となっている。

 

 

09

 

 

ここにはいくつかの風呂場があるが、なんといっても「元禄の湯」である。

昭和5(1930)年建築の大正ロマネスク様式を用いた内湯。

高い天井とアーチ型の窓がつき、5つの湯船がしつらえてある。

 

扉を開けるといきなり脱衣所があり、仕切りもなくこの光景が飛び込んでくる様は、

初めて入ったときには、誰もがビックリするだろう。

これが昔ながらのスタイル。明治や大正の頃までの公衆浴場はこんな感じだったのだ。

 

あたりまえだが、湯は源泉かけ流し。

成分はナトリウム・硫酸塩泉。見た目は普通だが、本当に気持ちがいい。

入ってみると非常にパワーを感じるというか、体に活力を与える湯である。

「四万温泉」は、四万もの病に効くとされる由来があるが、それにも納得させられる。

10

 

ここ四万温泉に最初の湯宿を開いたのは、田村甚五郎清正なる人物という。

永禄6年(1563)、岩櫃城が武田信玄配下の真田幸隆(昌幸の父)に攻められて落城。

城主の斎藤憲広(基国)は越後へ撤退した。それを助けて四万山中に留まり、

追手を防いだのが家臣の田村甚五郎だった。

 

甚五郎は越後へ同行せず、その後も四万に留まり、帰農して四万・山口に湯宿を開いた。

その後、3代目の彦左衛門は分家して新湯に宿を開業した。

真田昌幸が湯守に任命したのは、この彦左衛門といわれる。

 

11

 

その彦左衛門が開業した宿が、「積善館」のすぐ隣にある「四万たむら」。

「積善館」ほど、ひなびた感じはないが、もう少し規模が広く

浴場の数が豊富で、サービスも良くて非常に泊まり心地がいい。

 

宿泊料金も「積善館」ほどではないが(笑)安いので、おすすめの宿といえる。

四万川の滝のそばにあるこの大浴場は、とくに素晴らしい。

 

東京からそう遠くない場所で、歴史の息吹に直に触れられる温泉地。

ここにも一度でいいから、長く逗留してみたいものだ。

 

「積善館」http://sekizenkan.co.jp/

「四万たむら」http://www.shima-tamura.co.jp/

 

記事:哲舟

※当サイトのすべての文、画像、データの無断転載を堅くお断りします。

mail5555

2013-10-18 | Posted in 関東/中部No Comments » 

関連記事

Comment





Comment