山は緩めで、お湯は温めで、呑んでいい?

top

 

ずいぶんと以前の話しで恐縮なんですが、

カミさんが山好きなもんで近場ですが「大山」に行っていました。

山と言うにはちょっとちょっとの処なのでしょうが、

休日はだいたい前日の酒が祟って二日酔いのわたしとしては丁度いい。

 

sooyama_2

 

古典落語の「大山詣り」でも有名なこの山は、

古代から信仰されている修験道の聖域だったようで、

江戸時代に入ってからは民間信仰の登山「大山講」が盛んになり、

「江ノ島詣」と双璧の江戸市民の一大観光地だったわけです。

 

sooyama_3

 

バス停からケーブルカー乗り場までの参堂は、

みやげ物屋さんや旅館が左右にビッシリ並んでいます。

もちろん、現代でも観光地なわけですね。

 

sooyama_4

 

あっ!

う~ん、、、あとあと。。。

観光地で年配の方の多い信仰の山だとは言っても、

山を舐めちゃいけないよね。

二日酔いだったわけですしね。

 

sooyama_5

 

わたしにとっては「山」は「水」

水は山がもたらす恵み。

水を感じに行くのも、山に行く楽しみのひとつなのです。

 

sooyama_6

 

しかも、鹿もいて~ ( ゚д゚)

水が飲みたかったようですね。

 

sooyama_7

 

「八意思兼神社」の追分社。

ここから右に行くと「男坂」、左に行くと「女坂」

二日酔いのわたしは、当然「女坂」へ。

 

sooyama_8

 

「雨降山大山寺」到着。

 

sooyama_9

 

紅葉にはもう少しという時期でした。

 

sooyama_10

 

He Said

もう悪さしないから、取ってくださいよ~!(笑)

 

sooyama_11

 

「阿夫利神社」下社へ向かいます。

やはり、年配の方と二日酔いのオヤジには十分に過酷だと思います。

 

sooyama_12

 

下社の見晴台からの眺め。

眺めはいいけどパノラマじゃないから、

やはりここは山ではないですな。

 

sooyama_13

 

本来はここから「本坂」を登って頂上にある「本社」を目指すのだが、

今日は時間も無いから(という言い訳)ということで、

サッサと下界に向かって降りていきます。

 

sooyama_14

 

ここからが本題ですが、

汗もかいたので参道にある温泉旅館で日帰り温泉に入ることに。

 

sooyama_15

 

「旅館 元瀧(もとだき)」の「山の風呂」

 

sooyama_16

 

こじんまりとした浴室は、ありがたいことに貸切り状態。

 

sooyama_17

 

クセの無い湯ですね。

温めになっているのは、ありがたかったね。

 

sooyama_18

 

河童がお湯を導いてくれます。

 

sooyama_19

 

庭にいた「丹頂鶴」と「獅子脅し」はご愛嬌かな。

まあ、緩い感じで温泉を楽しませていただきました。

 

sooyama_20

 

入浴後は、旅館の外の縁台席で湯上りビールをキュ~ッと。

極楽ですねぇ~。

帰るのが面倒になるので、ほどほどにね。

 

sooyama_21

 

さて、大山を後にいたしましょうか。

 

sooyama_22

 

さて、ここからが本題パート2ですが、

地元の中野に戻って、行ってみたかった店に念願かなって入店。

「スパイス&ハーブ居酒屋 やるき」

インド人マスターが営む居酒屋さんで、

予約もなかなか取れない人気店です。

 

sooyama_23

sooyama_24

 

 

ジャパニーズ居酒屋のお馴染みメニューが、

ことごとくインド風にアレンジされているという恐るべき店です。

「ホッケ焼き」までカレー風味に!

 

sooyama_25

 

「ラッシー酎ハイ」で乾杯。

そして、一度は喰っておきたい「スパイシー牛もつ煮込み」を。

 

sooyama_26

sooyama_27

 

別注文の「パクチー」を一緒にいただくと、、、目からウロコ~。

 

次は「タンドリーチキンやきとり」&「スパイシー鶏レバ」。

これこれこれ!!!

 

sooyama_28

 

「パクチー卵焼き」

パクチーのオムレツや~!

パクチー好きなんです、すみません。

 

sooyama_29

 

以上、

山~温泉~ビール~エスニック居酒屋

緩い~温い~喉が鳴る~旨い

レポートでした。

 

記事:サワー

2015-08-19 | Posted in 赤提灯ルポNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment