首まで浸かる楕円形の湯船で身体を癒す。/鉛温泉

12

 

【岩手県:鉛温泉】

 

たしかおととしだったか、世界遺産になった奥州平泉。

中尊寺金色堂などで有名なので、いつ行っても大勢の観光客でにぎわっている。

 

別に世界遺産になどならなくても、十分魅力だと思うのだが、

地元の人にとっては、それが死活問題なのだろう。

さて、その平泉観光を終えて、向かったのは岩手県の花巻駅。

02

 

 

宮沢賢治生誕の地として有名な都市だが、

花巻温泉、台温泉、大沢温泉、新鉛温泉などなど、

周辺は温泉の宝庫という、実に魅力的なところだ。

 

ここから、バスに揺られること40分。西の山奥にあるのが、

一軒宿の鉛温泉・藤三旅館(なまりおんせん・ふじさんりょかん)。

 

03

 

バスを降りると坂下に、赤瓦で葺かれた大きな屋根が見えてくる。

案内板に「旅館部・湯治部」とあるように、2つの棟に分かれている。

 

04

 

 

一般の宿泊客は旅館部に泊まり、

長期連泊や格安で泊まる湯治目的の客は湯治部へ泊まるのだ。

当然ながら、旅館部のほうが設備はきれいで、玄関の構えも立派だ。

 

05

 

 

温泉は600年ほど前から湧き出ていたとされ、

江戸時代中ごろの1786年に旅館として開業したとか。

木造3階建て・総けやき造りの建物は、実に風格がある。

 

06

 

 

こちらは、湯治部の帳場。良い具合に、ひなびている。

一人旅なら、こちらでまったく十分だ。

 

07

 

 

飾り気のない、細長い廊下が延々と続く。

静かだが、物音がしたり、かすかにテレビの音も聞こえるので、

結構な数の人が泊まっているようだ。

 

それでも、長期滞在する本来の湯治客は昔に比べ激減しているという。

昔は農閑期になると、大勢の客でにぎわったようだが、

農業従事者が減った今の時代、そういう宿泊スタイルは失われつつある。

それでも、こういう「自炊部」を残してくれている宿は

それだけで応援したくなるというもの。

 

08

 

自炊場。飯どきを外して行ったせいか、ひと気はなかった。

十円玉で作動するタイプのコンロは、初めて見た気がする。

 

09

 

うろうろしていたら、売店に出た。

食糧や飲み物はもちろん、洗剤にコンセントなど、

長期滞在に必要なものは、ここで買えるというわけだ。

 

10

 

 

この売店には、名物おばあちゃんがいる。

色々と雑談をしたが、いつごろから働いているのかをつい聞き忘れてしまった。

このおばあちゃんも、すでに宿の風景の一部といえよう。

 

寝酒と、軽いつまみを買わせてもらった。

一体、いつから使っているのか知れないレジスターと、

ソロバンを器用に使いこなしていた。

 

さてさて、風呂場へ向かおう。

この宿には、5つの風呂場があるが、圧巻はメインの「白猿の湯」だ。

 

11

 

 

知らずに扉をあけると、誰もが驚くに違いない。

地下1階から地上3階まで吹き抜けになっており、

湯船があるのは、はるか階段の下。

 

脱衣所も湯船のふちにあって、上から全部丸見えという堂々とした造りだ。

昔ながらの混浴なのだが、まぁさすがに女性が入っているのは見たことがない。

混浴時間はほぼ男性風呂といってよさそうだ。

ただ、女性専用時間も設けられている。

 

湯船は見事な楕円形にくりぬかれており、

湯は注ぎ込まれるのではなく、地下の源泉から湧き出てくるタイプ。

 

もちろん、循環や加水などしていない。かけ流しである。

常にゆらゆらと揺れている水面からも、「生きた湯」であることが良く分かる。

源泉そのままなので結構熱いが、浸かれないほどではない。

 

この湯船、けっこう深い。130センチぐらいあるので、立ったまま浸かることになる。

胸から首あたりまで浸かるのだが、それが新鮮で面白い。

全身に、まんべんなく温泉の効力が沁みわたって行くような心地がする・・・。

 

天井は地上3階、はるか頭上にあり、

次々と立ち上ってゆく、新鮮な湯けむりをボーっと眺めていると、

時間も忘れ、長湯してしまった。

 

温泉に長湯したり、何度も浸かったりしていると、結構な運動量になる。

浸かり過ぎると、逆に疲れるのだが、つい長湯をしたり、

何度も浸かりたくなってしまったりするのは人情というものだ。

湯あたりしない程度に浸かり、その分、ぐっすり寝て疲れをとれば良い。

 

13

 

ときに朝飯も食わないでのんびり寝ていたいときもあるが、

この朝は目覚めが良く、すこぶる空腹感を覚え、飯が進むこと進むこと・・・。

陶板で焼くだけで何の変哲もないハムエッグが、やけにうまかった。

 

湯治部は1泊朝食付きで5500円。2食付きでも6,500円。

旅館部もそんなに高いわけではないから、気軽に泊まれるのは有難い限りだ。

 

14

 

時間が許せば、もう1泊ぐらいしても良かったが・・・

後ろ髪をひかれる思いで、鉛温泉を後にする。

 

 

鉛温泉 藤三旅館 http://www.namari-onsen.co.jp/

 

記事:哲舟

※当サイトのすべての文、画像、データの無断転載を堅くお断りします。

mail5555

2013-11-10 | Posted in 北海道/東北No Comments » 

関連記事

Comment





Comment