人生で大切なことは、みんな湯治場で学べる…?/後生掛温泉

003

 

【秋田県:後生掛温泉】

 

秋田県の北西部、岩手との県境に古くからある湯治場、

後生掛(ごしょうがけ)温泉。

 

「馬で来て、足駄でかえる後生掛け」

 

その確かな効能をあらわすようなキャッチフレーズが、地元ではおなじみだそうだ。

山の中にある一軒宿で、パッと見るとそうでもなさそうだが、

「本館」「新館」「湯治棟」に分かれていて、かなり規模は大きい。

 

002

 

 

本館と新館は食事も出る一般客向けの旅館になっているが、

私は当然のごとく、自炊が基本の湯治棟に泊まってみた。

「湯治村」と呼ばれ、収容人数200名におよぶ規模を誇っている。

夕方に着いてさっそく、共同の炊事場に行くと、

夕飯の調理にあたる湯治客たちと会うことができた。

 

 

004

 

 

何を作っているのか、鍋の中を見せてもらうと、

なんだっけ、ハタハタだったかな・・・魚がやわらかそうに煮えており、

いい匂いが漂ってきた。カレーを作っているおばあちゃんもいる。

 

話を聞けば、冬場はこうして1ヶ月ぐらい湯治に来ている人も多いそうで、

昔ながらの湯治文化というものが、まだここには根付いているらしい。

都会では見られなくなった、共同生活、助け合って暮らす場がここにはある。

 

私も束の間の湯治生活を楽しもうと、この日はパソコンも携帯も開くことなく、

地元の湯治客との会話や、濁りある後生掛の名湯を満喫した。

 

005

 

 

1年中地熱で床が温かいオンドル宿舎は、リウマチや神経痛に効く。

ここで寝泊まりするだけでも湯治効果があるという。

 

オンドル大部屋は、いわゆる相部屋で1泊2100円(素泊まり)。

個室は3360円と無理のない値段設定となっている。

なんだか、みんな笑顔で楽しそうだ。ここで暮らすと長生きできそうな気がする。

 

私はこの日、何も準備をしていかなかったので、

個室に1泊2食付き9600円で泊まったが、大部屋というのも悪くなさそうだった。

出てきた料理はとても質素ながら程良い量で、ありがたくいただいた。

 

006

 

 

大浴場は天井の高い木造りの山小屋風で

普通の内湯のほか、このような露天風呂や箱蒸し、泥湯なども楽しめる。

 

泉質は酸性硫黄泉で、冒頭のような唄ができるぐらいだから、

本当に効能が高そうな名湯である。

東京に帰ってからも、まだ体中が硫黄臭かったほどだ。

 

1日漬かっただけでは、温泉の効果などは本来得られないかもしれないが、

生きた湯というのは、精神的にも非常に良く作用する。

じっくり漬かり、よく身体を休めると、活力がみなぎってくる。

 

007

 

 

ここの湯治客のように私も一ヶ月ばかり過ごしてみたいものだが、

今はなかなか、叶わぬ夢といえる。

 

008

 

 

冬場は予約しておけば行きも帰りも、

最寄駅の鹿角花輪駅まで、送迎バスで送ってもらえる。

 

009

 

 

電車待ちのあいだ、せっかくなので駅の立ち食いそば屋で、

名物の「きりたんぽ鍋」を注文。

 

010

 

熱々の澄まし汁は、なんだかホッとするような味わい。

立ち食いそば屋で、こんなものが食べられるなんて・・・

秋田。人情が通いあう素晴らしいところである。

 

011

 

 

後生掛温泉 http://www.goshougake.com/

 

記事:哲舟

※当サイトのすべての文、画像、データの無断転載を堅くお断りします。

2013-12-16 | Posted in 北海道/東北No Comments » 

関連記事

Comment





Comment