「かけ流し」なんか手ぬるい? 北の大地にゃ、放流の二文字が似合う

【北海道 雌阿寒温泉/野中温泉】

こんにちは、みなさん。副ショチョー・上永(うえなが)です。

みなさんは、オンネトーという湖をご存じでしょうか?

 

北海道の道東・阿寒湖の近く、

足寄(あしょろ)にある比較的小さな湖で、

季節や天候、見る角度によって湖水の色が違って見えるため、

五色沼とも呼ばれるそうな。

この日は霧がかっていて、湖水は無色。されど、

奥のほうはわずかに緑がかっているという。

天気が良ければもっと神秘的な色合いなんだけど、これで御容赦。

北海道に「神秘の湖」は数あれど、

このオンネトーは、まさにそれにふさわしい。

 

さて、その近くに知る人ぞ知る個性的な温泉があるらしい。

夏期は阿寒湖畔からもバスが運行しているが、

基本的にはこの辺り、クルマがなければ移動もままならぬ所なので・・・

このとき滞在していた阿寒湖に、お世話になっている知人がいて、

ご好意で連れていってもらえたのである。

向かう途中、キタキツネと出会った。

クルマに出会うと、餌をもらえないかと近寄ってくるのだ。

ああ、北海道だなあ・・・。

そして辿り着いた今回の目的地は、

雌阿寒温泉(めあかんおんせん)にある「野中温泉」だ。

温泉施設として、およそ100年の歴史を持つそうだが、

建物は結構建て替えられているのだろう、割と新しく見える。

ただ、この素朴な佇まい、

プレハブ小屋みたいな手作り感で、嫌いじゃない。

なんとなく北海道を感じさせる。

 

ちなみに、日帰り入浴施設のほか、

別棟が旅館部になっている。一度、泊まってみたい。

受付に人柄の良さそうな、そして優しそうな奥さんがいて、

ああ。ここは間違いない、と思えた。

そして、やっぱり間違いなかった。

脱衣所は、これだけ。

腰かけが2つと、脱衣カゴが重ねて置いてある。

カゴを床に置いて、そこで簡素に脱衣を済ますのだ。

いや、充分。それだけで充分ではないか。

いざ、風呂場へ。

おお、これは・・・いい。

窓が大きくて、なんとも解放感のある浴場だ。

よく手入れされたような素朴感のある木の湯船は、

見るからに入り心地が良さそう。

そして、この湯の色がなんとも美しい。

硫黄の匂いも強くて、一度浸かればしばらく

匂いが落ちないほどの濃厚さ。本当に個性的な湯だ。

聞けば、硫化水素を含んだ濃い硫黄泉だそうで、

この硫化水素が強いので、適度な換気が必要だし、

長湯はおすすめしないのだとか。

受付に、注意書きがあったのを思いだす。

大自然のみわざ、成分が強ければ間違いも起こりうるし、

そういう危険も伴うということ。

この濃厚な湯と付き合うには、それをわかって、

自己責任で臨まなくてはいけない。

 

・・・とまあ、むずかしいことも書いてしまったが、

いや、本当に力強さがあって、気持ちがいい湯だ。

もちろん毎日、漬かっている人だっているし、

適度な湯浴みを楽しむ分には、危険もまったく無さそうである。

湯船より豪快に溢れ、流れ落ちていく源泉。

かけ流しという言葉も手ぬるい感じの、

もう、放流状態。惚れ惚れする湯の流れだ。

北の大地じゃ、放流の二文字が似合う。

網走かどこかでは、

鮭も放流してるぐらいだから・・・って、関係ないか。

窓の向こうに湯元、湧出場がある。どこか神聖な雰囲気だ。

普通に庭状態で、時に通行人が通ったりもする。

そんな解放感も、じつに北海道らしい。

湯上がりに館内を少しぷらぷら。流し場があった。

自炊のできそうな炊事場。

休憩室。ここでゴロゴロしてみたかったが、

あまり時間がなかったので急ぎ足で通り過ぎる。

この日は都合上、やや急ぎ足の滞在時間で、

後ろ髪をひかれる思いもあったが、本当にいい湯浴みだった。

道東でいちばん好き、という温泉ファンが多いことにも納得。

もう、ホント。この湯に入りにまた道東へ行きたいぐらいである。

滞在先の阿寒湖への帰り道、「クマゲラ」という

ログハウス調のレストランでカレーライス。

ハンバーグ入り。ちょいと子供に戻ったみたいな幸せ感。

優しくて素朴な味わいに、グッときたなあ。

珍しくビールは飲まなかった。この後の約束も、あったからね(笑)。

※ひなびた温泉パラダイス好評発売中!

ショチョー岩本と、副ショチョー上永が、二人三脚で作った本書。

本書では、同じ道東から川湯温泉の「公衆浴場」や、

阿寒湖温泉「まりも湯」を紹介しています!

ぜひそちらも、ひな研サイトと合わせてお楽しみください。

「ひなびた温泉パラダイス」特設サイト
http://hinapara.info/

■野中温泉
http://www.minkoku.com/yado/plan.php?yado_id=7

記事:副ショチョー 上永

2018-01-11 | Posted in 北海道/東北No Comments » 

関連記事