1泊無食のススメ。

oden

 

みなさんは、「1泊無食」の温泉旅行に

どんなイメージをもっていますか?

「1泊無食」とは、いわゆる「素泊まり」のこと。

 

もしかすると、寂しいとか貧乏くさいとか・・・

マイナスのイメージを抱くかもしれない。

でも、実は「素泊まり」にこそ、旅の本当の楽しみかたがある。

 

日本の温泉旅館は、むかしから「1泊2食付き」、

1部屋に2人以上で宿泊するスタイルが基本とされ、

今でもほとんどの旅館がそうなっている。

 

しかし、私はかねてからこれに疑問を抱いていた。

「ひとり客は、ビジネスホテルに泊まるしかないの?」

「フトコロ具合に応じて、リーズナブルに温泉宿に泊まれないものか?」

「好きな時間に温泉に入り、好きな時間に散歩に出たり

一眠りしたりしてもいいじゃないか」と・・・。

 

つまり、それを実現するのが「1泊無食」(素泊まり)なのである。

私は、フリーランスという立場上、宿泊代も自腹ということが多いため、

宿を探すときは、決まって「素泊まり」もしくは「1泊朝食付き」を歓迎してくれる宿にする。

 

仕事ではない「ひとり旅」のときも、ほとんどそうしている。

たいていの宿は、素泊まりの「ひとり客」でも歓迎してくれる。

安い宿泊料金で温泉に浸かれるのは、私にとって最高の喜びで、

大浴場のないビジネスホテルには極力、泊まりたくない。

 

しかし、ひとり客を泊めてくれない、あるいは

あまり歓迎してくれない温泉宿って、実はけっこうある。

 

まあ、対応してくれない旅館側の事情もわかる。

ひとり客は1人で1部屋を占領するから割が合わないとか、

素泊まりで食事代が抜けると、儲けもその分少なくなるわけだ。

 

宿によっては、夕食抜きだと自慢の料理を

ふるまうことができないために残念に思うケースもある。

 

たしかに、宿が心をこめて出してくれる夕食は美味しいし、

もちろん有りがたく、夕食をいただくことだってある。しかし・・・

 

私は酒飲みなので、風呂上りにはビールや、

その土地の地酒を飲むのが、なによりも楽しみだったりする。

 

料理も、もちろん楽しみですが、とりあえずつまみとして、

簡単な郷土料理の1~2品でもあればいいのだ。

 

その土地でしか食べられないような郷土料理、

たとえば山の宿なら川魚の塩焼きとか煮たもの、山菜の漬物などでも十分だし、

最後にご飯と味噌汁さえ出してくれる程度で良いとさえ思っている。

 

伊東温泉で出会った「マンボウ」の刺身。

伊東温泉で出会った「マンボウ」の刺身。

信州に来たら、やはりまず馬刺で一杯。

信州に来たら、やはりまず馬刺で一杯。

 

 

そんなときに宿のご馳走は、正直いって「重いな」と感じることが多い。

たとえば鍋物とか、一度にドカッと来る天ぷらの盛り合わせ。

これらは、せっかくのご馳走かもしれないが、

酒を飲みながらなのであまり手がつけられず、大抵は冷めてしまう。

 

だんだんと歳をとったせいもあるかもしれないが、

そもそも、一人旅とか、気心知れた友人同士、中年や熟年夫婦の旅に、

食べきれないほど豪勢な夕食は、はたして必要なのだろうかと考えてしまう。

 

それよりは、宿の近くの酒場で本当に食べたい料理だけ注文し、地酒とともに味わう。

また、その土地の酒場の雰囲気を楽しんでいると、

いつの間にか店の主人や常連客と仲良くなることもある。

もちろん黙って静かに飲むこともあります。

 

地元の居酒屋をまずはのぞいてみる。

地元の居酒屋をまずはのぞいてみる。

 

 

ときに飲み代がかさみ、2食付きのほうが安かったなんてこともあるが、

それはそれで私の楽しみでもあるのでよしとしている。

 

それから、宿の接客。あまりに気の利いた接客だとかえって恐縮してしまうので、

よくガイドブックに書いてある「丁寧なもてなし」をモットーにする宿も私の理想からは外れる。

つかず離れず、最低限の接客さえしてくれれば、それで十分気持ちがいい。

 

そういったわけで、「ひとり旅・1泊無食」が理想的な私の旅なのである。

その土地の酒、肴を楽しみ、自由気ままに楽しむ

「1泊無食」という旅のスタイル、あなたもいかがでしょう?

 

 

記事:哲舟

 ※当サイトのすべての文、画像、データの無断転載を堅くお断りします。 

 

2014-03-03 | Posted in その他No Comments » 

関連記事

Comment





Comment