ケロリングッズ

kero2

懐かしき昭和のアイコン、ケロリン桶。もともとは頭痛薬ケロリンを宣伝するための内外薬品の広告戦略だったんですね。ラジオでもなく新聞でもなく、銭湯の桶に広告を打つ!で、それが今では日本の古きよきお風呂文化のシンボルみたいになっているんだから、思えばスゴいものです。
そんなケロリン桶をひな研でもセレクトしました。関東バージョン、関西バージョン、その他ケロリングッズ、頭痛薬のケロリンまで。みなさま、ご自宅でもニッポンのお風呂文化をぞんぶんに楽しんでくださいね。

ケロリン桶が誕生した60年代は、衛生上の理由から銭湯の風呂桶が木製から合成樹脂製に変わりはじめた頃でもあったとか。銭湯で子供が蹴飛ばしても、腰掛けにされてもビクともしない丈夫な風呂桶として登場したケロリン桶は、驚異的な強さから、別名「永久桶」とも呼ばれていた。
まあ、丈夫さもさることながら、ケロリン桶の素晴らしいところは、その存在感ですよね。たったひとつのケロリン桶が、あなたのお風呂空間を変えてしまう!
で、そんな桶、いろいろ、バージョンがあったりします。 

 

ケロリン桶を手にしたならば、さらに世界を広げてみませんか?
ケロリングッズもいろいろありますよ。

 

そもそも「ケロリン」とは頭痛薬のこと。ううう、頭痛いなぁ…が、
ケロッと治る「ケロリン」をよろしくお願いいたします!