ひな研って?

ひなびた温泉研究所(ひな研)は、温泉は好きだけど、

ひなびた温泉にしかそそられないメンバーが、

ひなびた温泉を不定期でレポートしていく、ゆるゆるのWebマガジンです。

 

h1

h3

 

 

 ひなびてるねぇ。しあわせだなぁ。

 

なぜ、ひなびた温泉に惹かれるのだろう。

なによりも、ひなびた温泉には、“時間”がしみこんでいる。

建物のたたずまいや、柱や、壁や、床、窓の外の景色にも、

湯船や、脱衣所、体重計、桶や、湯そのものにも…

 

そういう“しみこんでいる感”は、にわかにつくれるものではない。

現代社会のせわしい時間とはまったく違う、時間の流れの外で、

じっくりと熟成するように“時間”がしみていったのだろう。

 

ひなびた温泉の旅は、そんなふうな

じわりとしみこんだ時間にひたりにいくことでもある。

いたるところに、しみこんだ時間のぬくもりを感じながら、

身体が“本来の息吹”のようなものを取り戻していくような。

そんな感覚がたまらなくいいのである。

 

h4

h2

 

そんなわけで、ひな研で紹介する温泉は、

アンチ観光ガイド的な温泉だったりします。

たぶん家族旅行とかにはむいていない。

名旅館といったような評価とは無縁なものがほとんどだし、

温泉の湯質も必ずしも名湯というわけではない。

普通の湯なんだけど、でも、なんかひたれるんだなぁ~

という温泉であれば、それはそれでオーケー。

だから、よくある三ツ星評価だとか、細かい効能紹介とかも、

あえてしていません。

ただひとつ、ひな研の評価軸があるとしたならば、

その温泉が地元の人にとても愛されていること。

これに尽きます。

 

地元の人に愛され続けながら、

変わらないたたずまいで、そこにあり続ける温泉。

なんとも名状しがたい“ひなび感”をかもしだしながら、

やさしく受け入れてくれる、気取っていない温泉。

それが、ひな研がもとめる、ひなびた温泉なのですね。

 

2014年1月吉日 ひな研 ショチョー

h5

h6

 

 

ひなびた温泉研究所/運営:株式会社ガジェットハウス 

mail5555